野坂岳ソロ(1-23) 2月19日(水)曇

DSC00922.JPG-b.JPG
野坂岳に1度1人で登ってみようと思っていました。
できたら青空と樹氷を見たいなぁと。

当初晴予報だったのに、いつのまにか曇予報に変わってる。
でも、1日空いている日はしばらく無くて迷いに迷う。

朝起きてみると、氷点下予報だったのに、冷え込んでいない。
あ~あ、樹氷も青空も無いな。
でも、道路の凍結もないからちょっと安心かも。
家事をしながらも迷って、天気予報をもう一度確認したら、そこに今日の私の運勢は2位となっていたから、やっぱり行こうと決断。
8時40分に家を出発。

駐車場に着くと、先行車は4台だけ。
げっ、少な。
ここまで来たら覚悟を決めて歩き始め 10:27
歩き始めるや否や 1人の下山者
残り3台か。

山頂まで2時間20分?
2時間の予定で来たんだけど・・・
DSC00911.JPG-b.JPG

さらに進むと
休憩中のご夫婦と、下山されてきた男性がお話し中
ご夫婦は登らずに引き返すらしい。
これで、残り1台か。

と、すぐに前方に女性の後姿
ヤッタ~ 1人にならなくてすんだ

橡の木地蔵さんの手前で追いついて、
一緒に歩きました。
ほぼ毎日登られている常連さんのエルサさんでした。

DSC00912.JPG-b.JPG
橡の木地蔵を振り返って
ここから雪道
DSC00913.JPG-b.JPG

一の岳 11:31
DSC00915.JPG-b.JPG
かすかに白山?
望めたのは この時だけでした。
DSC00917.JPG-a.JPG
二の岳 11:52
DSC00918.JPG-b.JPG

前方から下山者
あれっ?
上にもう1人いるって
「野坂岳には車以外で来る人も多いよ」
とエルサさん。

三の岳は見逃して、避難小屋 12:09
小屋の中には神戸からJRで来られた男性が1人

とりあえず山頂へ 12:10
展望悪いなぁ。

小屋に戻ったら、エルサさんは入らずに下山。
ここでお別れして、私は小屋の中で神戸の男性とお話しながら簡単ランチ
私と別れて一瞬で下山されたエルサさんに驚かれたので、
たまたま一緒に歩いてきたことと、毎日登っておられるらしいのでと伝えて納得されました。
彼は電車の時間までのんびりしているとのこと。

晴れてこないし、私も早く帰るにこしたことはないので、
もう一度山頂へ行って
先ほどよりは見えるようになった若狭湾
DSC00927.JPG-b.JPG
琵琶湖方面
DSC00928.JPG-b.JPG
加越の山は全く見えず
DSC00929.JPG-b.JPG
下山開始 12:33

先ほど見逃した三の岳 12:38
DSC00932.JPG-b.JPG

曲がりくねった木
DSC00933.JPG-b.JPG

これは?
アダムとイブとかじゃなくて割り込んでるよ
DSC00934.JPG-b.JPG
反対側から
DSC00935.JPG-b.JPG

二の岳 12:45
DSC00936.JPG-b.JPG

小鳥のアパート?
DSC00937.JPG-b.JPG


振り返って
DSC00940.JPG-b.JPG
前を見て
DSC00941.JPG-b.JPG

一の岳 12:58
エルサさんに追いついて、
また、おしゃべりしながら一緒に下山

常連さんが、1人、また1人と登って来られ

下山完了 13:40

樹氷も青空も全く見られなかったけれど、雪質も良く、歩きやすく、きれいで、気持ちの良い登山でした。
思ったよりずっと早い時間で登り下りできました。

エルサさんのおかげで、楽しく安心して歩けました。
ありがとうございました。
また、野坂岳にお邪魔した際にはお会いできるかな?
よろしくお願いします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ごもっ友
2020年02月20日 12:15
 心揺れ動きながらも決断されましたね
山の状態を推し量るのは近くに居ても中々です
ましてや遠方からしかも単独でお出でなられて・・・
これに懲りずに又、お出かけ下さい
つか
2020年02月20日 20:08
ようやく決断したのに青空の出迎えは無かったようですね。
でも雪山の雰囲気はあってよかったと思います。
冬道は歩かれましたか?
雪山にもかかわらず、2時間もかからずに山頂とはさすがだと思います。
野坂って何回も登っているから不安はなかったのではと。
一歩二歩山歩
2020年02月20日 21:33
ごもっ友さん、こんばんは。
駐車場をさっと見ただけでお車が無かったので残念でした。
こんなお天気では来られないと思ってはいましたが。
冬は道路が凍結していたら事故りそうで怖くて人を誘えず、1人旅にチャレンジしました。
野坂岳は迷うところも、落ちるところもないので安心です。
ちょっと自信もついて、また、チャレンジしたいです。
次回はお会いできると嬉しいです。
いつになるやらですけど。
一歩二歩山歩
2020年02月20日 21:42
つかさん、こんばんは。
ちょっとぐらい青空がのぞくかと思いましたがさっぱりでした。
積雪は10~30cmくらいで、歩いたのは夏道。
エルサさんの後をずっとついていきましたが、雪の量と質が最適で歩きやすく、すごく早く到着してビックリでした。
登山道の凸凹が埋って、がぼるほどでもなくて、夏よりはよほど歩きやすかったです。その点はラッキーでした。