鍋倉山~藤倉山~高頭山~ホノケ山縦走(1-5) 1月11日(土)晴

DSC09998.JPG-b.JPG
「鍋倉からホノケの周回したいから考えておいて」
と以前言われていたのですが、
別口で「11日にホノケ山へ行きませんか?」
とのお誘いがあり、
じゃあ、合体させて皆で行きましょうと。

落葉して見晴らしのきくこの時期は迷子になる心配も少ないけど、
経験者がいると心強いので、としぼさんに同行をお願いし、
10人、車4台で出かけました。

奥野々のホノケの登山口に車2台を置いて、
今庄の鍋倉山の登山口に移動。
登山開始 9:20頃

お地蔵さまも冬眠
DSC09977.JPG-b.JPG

木の洞にヤブコウジが隠れていた。
DSC09978.JPG-b.JPG

DSC09980.JPG-b.JPG

以前行かれた人に聞くと
「高頭山への上りが急で気を付けて」
とのことだったのですが、
鍋倉山への上りもきつい。
ここが厳しいとは言われなかったから、
「ここって、そうとう急登だけど、高頭はもっとすごいってことなの?」

へろへろで鍋倉山到着 10:22
DSC09985.JPG-b.JPG

まだ1時間しか経ってなくて、こんなんで私 縦走できるのかな?

分岐 11:00
DSC09988.JPG-b.JPG

藤倉山まで10分
「往復20分、体力温存で待ってるわ。」
と言ったら
「何言ってるの。みんなで行かんとあかん!」
としかられて、リュックを置いて出発。
ほとんど平行道で、10分で着きました。
とりあえず記念撮影
DSC09991.JPG-b.JPG
そして、鉄塔見たら、
白山がバーン
ああ、来て良かった~
DSC09993.JPG-b.JPG
で、もう一度白山をバックに
DSC09996.JPG-b.JPG

分岐に戻って、いよいよ未知の領域へ 11:27

「池だよね。」
「ぬた場だったらイノシシおぼれそうだよ。」
なんて話しながら。
DSC00002.JPG-b.JPG
すっきりいい感じ。
でも、足元は、引っ掛かりっぱなし。
DSC00003.JPG-b.JPG

ちょっと広い遊歩道的な道になって
向こうに見えるのは高頭山? 11:54
DSC00007.JPG-b.JPG

白山も遠望
DSC00012.JPG-b.JPG

今度は林道 12:06
DSC00013.JPG-b.JPG

DSC00015.JPG-b.JPG

林道を延々と歩き
いよいよ、高頭山へ噂の急登か 12:38

DSC00018.JPG-b.JPG
ここって やせ尾根って言うの?
DSC00019.JPG-b.JPG

海が見えたので、足場を確保して1枚
DSC00020.JPG-b.JPG

それにしても厳しくて怖い
DSC00022.JPG-b.JPG
やっぱり、鍋倉の登りなんて比べ物にならないわ。

ようやくホッ!として 12:50
DSC00023.JPG-b.JPG

高頭山山頂 13:00
DSC00024.JPG-b.JPG
DSC00025.JPG-b.JPG

一度下りて 13:17
DSC00027.JPG-b.JPG
林道をちょい歩き
ホノケへ 13:18
DSC00028.JPG-b.JPG

ホノケ到着 13:27
もう登らなくていいんだね。

DSC00030.JPG-b.JPG
DSC00031.JPG-b.JPG
DSC00032.JPG-b.JPG

今日は人数も多いし、時間も無いしで、各自でご飯。
その後、としぼさんからお薄をいただく。
DSC00036.JPG-b.JPG
DSC00037.JPG-b.JPG

下山開始 14:09

DSC00041.JPG-b.JPG
菅谷峠 14:29
DSC00042.JPG-b.JPG
DSC00043.JPG-b.JPG
DSC00044.JPG-b.JPG

下山完了 15:14

迷うことなく、怪我することなく、無事に下山できて本当に良かった。
高頭山への登りは本当に厳しくて。
ロープに不安があったから、医王山のトンビ岩より怖かったかも。
足元が乾いていたから助かった。
雪があるのか無いのか。
長靴にしようか登山靴にしようか迷って登山靴履いたけど、全く濡れてなくて、急登もあって登山靴で大正解。

予想外に青空に恵まれて、
車に乗って、8号線に出た頃から雨が降ってきて、運が良かった。

お付き合いくださった皆さんありがとう。
としぼさん案内本当にありがとうございました。
また よろしくお願いします。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

TM
2020年01月13日 08:18
一歩二歩山歩さん、おはようございます!
お疲れ様でした。
お互いに頑張ったよね(^^:) 事前に聞いてはいたものの 私のふくらはぎは使い果たして ホノケ山頂着いた時はやっと ヤッター!でした。達成感はありましたね。お天気といい、景色といい大満足の一日でした。皆さんに感謝です。有難うございました(^^) 又宜しくです**(私もトンビ岩思い出したけど、ガレ場は怖いね ふくらはぎ疲れるよ)
YD
2020年01月13日 08:34
YDです。おはようございます。
鍋倉~藤倉~高頭~ホノケ山 縦走 面白かったです。
なかなか、縦走は出来ないので、よかったです。
ホノケは、言い出したのは僕ですが、道も調べず
お客様待遇で、連れて行ってもらって 
ありがとうございました。
ごもっ友
2020年01月13日 08:42
 真青な空の下
木々の梢やところで見える白山・・・
変わる景色は縦走ならではでしたね
それにしても長い道のり、お疲れ様でした
 ここ数年藤倉鍋倉山へは行ってなかったのですが
鍋倉山になかった山頂標識が出来ていすね
つか
2020年01月13日 09:25
縦走、ご苦労様でした。
最高の天気で、展望も楽しめ疲れも吹き飛んだのではと。
高頭山への急登は凄いでしょう。足場も悪くて私は下りに使ったのですがずるずるでした。
私が三床山から眺めていた時、ホノケだったみたいですね。
お腹も空いたことでしょう。

一歩二歩山歩
2020年01月13日 11:13
TMさん、お疲れ様でした。
お互い頑張って、良い思い出が作れましたね。
最初の分岐迄が急登の連続で一番疲れましたよね。
後は惰性で歩いて、高頭山への激登は緊張で疲れを感じる余裕も無くてって感じでした。
また、どこかへ歩きに行きましょうね。
よろしくお願いします。
一歩二歩山歩
2020年01月13日 11:20
YDさん、お疲れ様でした。
YDさんが言い出してくれたおかげで実現できました。
タフなメンバーがそろって心強かったです。
登山口間の距離がすごく長かったですね。
また是非誘ってください。
よろしくお願いします。

一歩二歩山歩
2020年01月13日 11:24
ごもっ友さん、おはようございます。

そうなんです。
以前は「鍋倉山って通った?」って感じで
どこだかわからずに通り過ぎていたのですけど、看板ができていました。

藤倉~鍋倉はとんとご無沙汰だったので、こんな急登だったとは思いませんでした。
一歩二歩山歩
2020年01月13日 11:28
つかさん、こんにちは。
高頭山から林道の激登を下ったのですか?
よくぞご無事で。

もう2度と行かないと思いますが、また周回することになったら、私は林道で迂回したいと思いました。
清水
2020年01月13日 22:11
ついに行かれましたか ご苦労様でした
私は湯尾からホノケまでピストンでしたが
つかさんも書いておられますように
高頭は登りよりも下りの方が怖いです
後からは帰りは高頭に登らず
林道を迂回するようになりました(^-^;
一歩二歩山歩
2020年01月14日 09:34
清水さん、おはようございます。
清水さんはまだ登山道が確立されていない時にひとりで行かれたのだなぁと考えながら歩きました。

その後いかがでしょう?
春になったらご一緒できそうですか?
期待していますね。