別府地獄めぐり~羅漢寺~耶馬渓 11月20日(水)晴

DSC08980.JPG-b.JPG
別府地獄めぐりも高校の修学旅行で行った場所です。
SAから向かったものの、途中ご飯屋さんもなく、開業前に早く着いてしまったので、もう一度引き返して、コンビニで朝食を買って駐車場で食べ、スタンドもあったのでガソリンも入れて、再度「海地獄」へ。
DSC08979.JPG-b.JPG
蓮の花の温室
DSC08984.JPG-b.JPG
世界一大きいと書いてあったような
DSC08983.JPG-b.JPG
何が大きいのかな?
葉っぱのことかな。

DSC08987.JPG-b.JPG
足湯もありました。
DSC08988.JPG-b.JPG

次は隣の「鬼石坊主地獄」
DSC08990.JPG-b.JPG
DSC08994.JPG-b.JPG

車で移動して
「かまど地獄」
DSC08997.JPG-b.JPG
DSC08999.JPG-b.JPG
DSC09002.JPG-b.JPG
DSC09004.JPG-b.JPG
「鬼山地獄」
DSC09010.JPG-b.JPG
ワニをたくさん飼っています。
DSC09014.JPG-b.JPG
DSC09015.JPG-b.JPG
「白池地獄」
DSC09016.JPG-b.JPG
こちらはアマゾンあたりの魚がたくさん
DSC09021.JPG-b.JPG

再度車で移動して
「血の池地獄」
DSC09023.JPG-b.JPG
最後は
「竜巻地獄」
DSC09029.JPG-b.JPG
30~40分間隔で噴き出るっていうので、
「次はいつ頃ですか?」
「もうすぐですよ。」
人が増えてきて、説明の放送が流れ始めたら、間欠泉が噴出してきて、
これって、隠れて操作してるんじゃないの?なんて思えるタイミングでした。
DSC09031.JPG-b.JPG
DSC09032.JPG-b.JPG
DSC09034.JPG-b.JPG

地獄めぐりとても良かったです。

さて、今回の旅行で1番楽しみにしていた「耶馬渓」へ向かいます。
「耶馬渓」と言ってもかなり広範囲らしくて、光の加減で午前中が良いらしい「一目八景」を先に目指そうと、
昨日に懲りて今日はスマホのナビでと進むのですが、道路標識の案内と違うし、ホントかなと走っていると
「宇佐のマチュピチュ」というのぼりが立っていて
「なんだそれ?」あやしげな?
スマホで調べると、最近の人気スポットらしいので、ちょっと降りてみました。
DSC09040.JPG-b.JPG
DSC09039.JPG-b.JPG
マチュピチュなんて行ったことないし「どこが?」って感じですが・・・
山の地形?

ここで一緒に眺めていた大分の70代のご夫妻とお話したら
近くの滝を見て、羅漢寺へ行って、耶馬渓へ行かれるとのことだったので
「付いて行って良いですか?」
とお願いして同行させていただくことにしました。

ところが滝へ行くという道が狭いの何の、車1台がやっと通れる坂道が延々と続き、わずかなスペースがあった場所で、もうこれ以上進んだら危険な感じでなんとか切り返してUターン。
「遠くのお客さんを危険には合わせられない」との決断でした。

そして羅漢寺へ向かいました。
羅漢寺の前でお昼になってランチタイム。
「しいたけ丼」というメニューがあったので、大分といえば冬菇と選んでみました。
DSC09043.JPG-b.JPG
親子丼のお肉がしいたけになっているだけでした。

DSC09044.JPG-b.JPG
DSC09045.JPG-b.JPG
リフトで登りました。
DSC09047.JPG-b.JPG
石仏がいっぱいで、素晴らしかったです。
残念ながら撮影禁止で、観光のHPから写真をもらいました。
kiji1Img[1].jpg
s1_0018127[1].jpg

次に
「青の洞門」
DSC09052.JPG-b.JPG
DSC09055.JPG-b.JPG
DSC09062.JPG-b.JPG
DSC09064.JPG-b.JPG
DSC09070.JPG-b.JPG

福沢諭吉はこの近くの出身とかで、ここが乱開発されることを恐れて、この地区を買い占めて自然を守ったそうです。
自然保護の先駆けとか、素晴らしいですね。


一目八景へ
DSC09072.JPG-b.JPG
DSC09078.JPG-b.JPG
DSC09080.JPG-b.JPG
DSC09082.JPG-b.JPG
DSC09083.JPG-b.JPG

この後、美しい峡谷を走って(運転していたので写真は写せず)、裏耶馬渓を案内していただきました。
DSC09090.JPG-b.JPG
DSC09094.JPG-b.JPG
DSC09096.JPG-b.JPG

道の駅「ゆふいん」で車中泊すると言ったら、「湯布院はものすごく冷えこむから、大分まで戻った方が良い」と言われましたが、寒さ対策は準備してきているのでと強行しました。
お二人は日田でお泊りと途中でお別れしました。
お会いしなかったら、羅漢寺も裏耶馬渓も行かなかったです。
本当にありがとうございました。

湯布院へ行って、温泉を探して、真っ暗な細い道をうろつきましたが、ことごとく開いていなくて、ようやく「クアージュゆふいん」で入浴。
道の駅へ行きお泊り。ここも休憩室のある素敵な過ごしやすい道の駅でした。
さすがに冷えて、朝、起きてみたら車はカチコチに凍っていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント