車中泊練習(京丹後)2日目 10月20日(日) 曇/雨

DSC07478.JPG-b.JPG
DSC07481.JPG-b.JPG
朝起きてみると、薄暗い。
夜中にかなり雨も降った模様。
天気予報は晴れるはずだったのに・・・
外に出て、海を見ると、舟屋が見える。
ここも来たかったところ。
昨夜観光船(海のタクシー)に問い合わせして、3ケ所目に希望がかなって、8時に予約。
(1番目は10時開始、2番目は9時、3番目で2人だけでも8時でも良いとの返事をもらった。
それも1人1000円という安さ)

海を見ていると、隣に高齢の女性が来たので、お話して、ついでに、船に一緒に乗りませんか?とお誘いしました。
連れに相談してみると戻られて、一緒に乗りますとのお返事。
茨木からキャンピングカーで来られた後期高齢者らしい5人組(男性3人女性2人)でした。

道の駅に20台くらい泊まっていたのですが、子どももいれば、腰が90度くらいに曲がったおじいさんもいて、いろんな人が車中泊旅行するんだと感心しました。

7時半ごろに船に電話して、人数が増えたことも伝え、駐車場の問い合わせもすると、道路で待っていて駐車場の案内までしてくださって、本当に親切でした。

さて、救命胴衣を着て、乗船
DSC07555.JPG-b.JPG
消防船もあります。
DSC07495.JPG-b.JPG
レストランも
DSC07497.JPG-b.JPG
映画「男はつらいよ」にも「釣りバカ日誌」にも登場したそうです。
DSC07499.JPG-b.JPG
DSC07503.JPG-b.JPG
DSC07530.JPG-b.JPG
DSC07532.JPG-b.JPG
DSC07533.JPG-b.JPG
カモメかウミネコかはわかりませんが、エサやり体験が付いてました。
船長さんからエサ(かっぱえびせん)をもらって、「空に放り投げて」と言われて、よくわからなかったのですが、投げ上げると、空中キャッチして食べるのです。
投げ手が下手なので、海に落としてしまっても、拾って食べてくれました。
指につまんだままでも上手にくわえていきました。
皆、童心に返ってキャーキャー楽しみました。
DSC07546.JPG-b.JPG
DSC07544.JPG-b.JPG

船長さんの説明も上手で、舟屋のことも、漁業のことも良くわかりました。
2人だけで船を出してもらうのも悪いなぁと、お誘いしたのですが、同船者の人達にも誘ってもらって本当に良かったと感謝されて、親しくお話もできて、とても楽しいひと時でした。

次の目的地、天橋立へ。
キャンピングカーの人達も天橋立へ向かわれるとのことでしたが、車の速度も、選んだルートも違って、途中でお別れでした。

元伊勢神宮からスタート。
DSC07556.JPG-b.JPG
DSC07559.JPG-b.JPG
ケーブルカーに乗って
DSC07565.JPG-b.JPG
股覗き
DSC07570.JPG-b.JPG
こう見えます。
DSC07575.JPG-b.JPG

DSC07582.JPG-b.JPG

リフトで戻って

レンタサイクル(2時間以内400円)で天橋立を往復
DSC07588.JPG-b.JPG
DSC07590.JPG-b.JPG
DSC07592.JPG-b.JPG
DSC07591.JPG-b.JPG

対岸?に着いた時、ちょうど廻旋橋が回転して大型船(浚渫船?)が通るところでした。
DSC07597.JPG-b.JPG
橋が戻ります。
DSC07599.JPG-b.JPG
DSC07601.JPG-b.JPG
知恩寺お参り
DSC07602.JPG-b.JPG
インスタ映えしませんか?
DSC07603.JPG-b.JPG
DSC07608.JPG-b.JPG
おみくじ引きました(300円)
DSC07606.JPG-b.JPG
記念にお持ち帰りです。

怪しい天気
雨が降らない内に戻ります。
またまた橋が廻旋中
DSC07612.JPG-b.JPG
DSC07614.JPG-b.JPG

双竜の松
DSC07620.JPG-b.JPG

自転車を返して、車に乗って帰路につきます。

宮津の道の駅「海の京都」へ寄りましたが、ショッピングセンターと同じ敷地で落ち着かなくてやめて、舞鶴のとれとれセンターで昼食。
前日から車の中でパンを食べたり、カップラーメンだったりとまともな食事は久しぶり。
DSC07624.JPG-b.JPG
晩のおかずに干物他を買いました。

お腹がいっぱいになると、もう、眠くて眠くて・・・
睡魔と戦いながら、ようやく 瓜割の滝
DSC07640.JPG-b.JPG
ようやくお目にかかれた
ユキミバナ
DSC07629.JPG-b.JPG
DSC07641.JPG-b.JPG
これが希少種?というくらい いっぱい咲いていて、誰も見向きもしません。

次に諦應寺
DSC07644.JPG-b.JPG
お地蔵さまがいっぱい
DSC07650.JPG-b.JPG
この銀杏観音が見たかったのです。
DSC07645.JPG-b.JPG
DSC07649.JPG-b.JPG

この後、眠気も取れて、無事家に帰りました。
2日間で635km。
高速代 0
ガソリン代は 4000円弱
宿泊料 0
温泉に、船に、自転車にケーブルカー等の支払いはあったけれど、お安く遊べました。
ずっと曇天で、景色は映えなかったけれど、ものすごく充実して楽しい2日間でした。
車中泊の課題もみえて、改善できそうだし、自信が付きました。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2019年10月23日 19:21
京丹後へ出かけられたんですね。
舟屋巡りは昔に経験ありですが、これらの写真で記憶が蘇ります。
その釣りバカ日誌を見た後、興味があって訪れました。
調べると、映画は1992年の第5作で、1993年に行った事になります。
指につまんだままのかっぱえびせんを、ホバリングして食べるんですか!
その写真が見たかったです

更に天橋立へ。
今年、8月下旬に行った事が蘇ります
股のぞき、頑張りましたね。
180度回転写真、同じことをされています
私達は片道歩きでしたが、往復サイクリングでしたか。
廻旋橋の回る所を見せて頂き感謝します。
3回訪れていますが、見た事無かったです。

扇の御籤で大吉!
おめでとうございます
ご利益が期待できますね。

最後の銀杏観音に驚きました!
これは、その木を彫ったものですか?それともハメ込み?

バラエティーに溢れた旅行を楽しませて頂き、ありがとうございました

清水
2019年10月23日 21:52
銀杏観音は傷みが激しく痛々しいですね
諦應寺の子供さんも
小さいときは何度も写真を撮らせていただきました
もう数年お会いしていませんが
大きくなっただろうなあ~

明日24日から西谷町の「和」で写真展です
今回は私は応募しなかったので作品はないですが
24日の午前中と27日(最終日)の午後は
留守番をしておりますのでお暇でしたら来てください
また、11月2日から10日まで同じく「和」で
清水フォトクラブの作品展を行います
一歩二歩山歩
2019年10月23日 23:47
アルクノさん、こんばんは。
まず、ウミネコ?ですけど、ホバリングはしません。
かっさらっていきます。指をかまずに上手にエサだけ取っていきました。(私は怖くてできませんでした。チャレンジは同船の男性です。)

天橋立の廻旋橋は往復時2回ともタイミング良く回っていたので、しょっちゅう回っているのかと思いましたが、運が良かったのですね。

知恩寺の扇のおみくじはアルクノさんのブログを拝見して絶対見ようと行きました。

銀杏観音は生きている木をそのまま彫っています。
詳しくは知りませんが100年ほど経っているそうです。
是非足を伸ばしてみてくださいませ。
一歩二歩山歩
2019年10月23日 23:56
清水さん、こんばんは。
銀杏観音もお祭りで行かれたのですか?
私は、ごもっ友さんの以前のブログで気になっていました。
胸のところはくりぬかれて、経典か何かが埋め込まれているのでしょうか?そこは設計ミス?少しきれいに治されても良いのではと思いますけど。
写真展拝見に参りますね。
ごもっ友
2019年10月25日 10:11
 見たことのある舟屋や橋立の風景を懐かしみました

 当時彫刻されたままの十一面観音が銀杏の成長とともに今もある。
そしてここだけに咲くユキミバナ
何れも若狭路を代表するものだと思います
一歩二歩山歩
2019年10月25日 15:41
ごもっ友さん、こんにちは。
ユキミバナは2年越し?でようやくご対面です。
探せなかったらお電話しなくては、と思いましたが、そこら中に咲いていて、本当にこれなのかな?とスマホで検索しました(笑)

銀杏観音もごもっ友さんのブログで拝見して興味を覚えたものです。
若狭にはいろいろな名所がありますね。
また教えてくださいませ。