大嵐山(1-6) 5月16日(木)晴

令和になってから、けっこう早出の遠出の登山が続き 息切れしたので、軽めの山を選びました。
画像

同行のYDさんが、前日山菜を取ってきたので天ぷらしようと思うとの提案があり、ここ大嵐山なら広い駐車場にテーブルもベンチもあったので、下山してからランチにしようと、スタートを早めました。

食料を車に積んでおくので、どこならずっと日影かと迷って駐車していると、見慣れた車が入ってきて、なんと はなきち二人さんです。
旅は道連れ、一緒に歩き始めます 9:00
ハウチワカエデ
画像

ウリハダカエデ
画像

ムシカリ
画像


サンカヨウです
画像

画像

画像

満開のサンカヨウがこれでもかってくらい、次々に現れて・・・
もう写し疲れ

なんと、SIさんは霧吹きまで持参して花弁を濡らしてましたが、戻るまでの30分くらいでは変化はありませんでした。
画像

そして、当の本人はうっかり見逃したというオチまで付きました(笑)

オオバキスミレも満開
画像

画像


肝心のミズバショウはというと
オバケ状態
画像

下の群生地
遠目ではきれいです。
画像

かわい子ちゃんも
画像

画像

まぁ、良しとしましょう。

ピンクのミヤマカタバミはまだおやすみ中
画像


さて、分岐まで戻り、山頂へ。

ブナがきれい。
画像

白虎谷ブナ林
画像

画像

ユキグニミツバツツジ?
画像


なんとか残っていたイワウチワ
画像

山頂です 10:22
画像

長靴で行ったのですが、雪も消えていて、泥濘も少なく、登山靴でも大丈夫そうでした。

白山も見えて
画像


2年前には山頂のシャクナゲが咲いていたのですが、
今回は全く咲いていません。

探し回って、本当に これだけ
画像

蕾も無ければ、咲き終わった花も無い
徹底した裏年です

白山をバックに
後から来られた愛知県の団体さんに写していただきましたが・・・
画像


下山します。
画像

画像

画像

画像

白虎谷で記念撮影のやり直し
画像


展望コースで下山します。
ミドリユキザサの赤ちゃん
画像

ウスギヨウラク
画像

画像

チゴユリ
画像

駐車場に戻ると11:42
ミツバツチグリがてんこ盛り
画像

画像



さあ、お楽しみの始まりです。
画像


ハワサビ、タラノメ、コシアブラの天ぷら
サラダにいなりずしにソーメン
もちろん、ノンアルもいっぱい
画像

画像

最後はコーヒーにデザート
画像

YDさん、ごちそうさまでした。
はなきち二人さん、いわっちさん、なづきさんご夫妻、TMさんとで8人のパーティーでした。
消費したカロリーの倍は食べたような・・・

帰り道で、はなきちさんに案内していただいて、念願のジャケツイバラを見ることができました。
画像

画像


とても楽しい1日になりました。
皆さん、ありがとうございました。


この記事へのコメント

TM
2019年05月19日 19:10
一歩二歩山歩さん、こんばんは!
あの水芭蕉の群生は初めて見ました。終盤でしたがいい時に来れて良かったです。(おみやげ付きで^^)ランチいろいろ野菜いっぱい、山で今年初そーめん、ご馳走さまでした。いい山歩きが出来ました。有難うございました。又宜しくおねがいします**
一歩二歩山歩
2019年05月19日 20:27
TMさん、お疲れ様でした。
ミズバショウは遅めでしたが、サンカヨウは素晴らしかったですね。
おまけのジャケツイバラも良いタイミングでした。
おいしくて、楽しい1日でしたね。
また よろしくお願いします。
はなきち二人
2019年05月20日 06:02
一歩二歩山歩さん、おはようございます。
お仲間に入れて頂いたうえに、山菜の天ぷらや 素麺などの美味しいご馳走までいただきまして ありがとうございました😊
久し振りにご一緒させて頂き楽しかったです。
ジャケツイバラが最高の状態で観れたので良かったです。ただ 観てる時には 車には気をつけて下さいネ。
これからもよろしくお願いします。
一歩二歩山歩
2019年05月20日 08:49
はなきち二人さん、お疲れ様でした。
打ち合わせしたわけでもないのに、食料も重ならずにたくさんあって、5~6人には多すぎたので、8人でちょうど良かったです。
ジャケツイバラの案内ありがとうございました。
ずっと気になっていたので、嬉しかったです。
それもグッドタイミングでしたね。
YD
2019年05月21日 17:05
一歩二歩山歩さん、いつも 段取りありがとうございます。運よく、山菜が取れて皆さん 喜んでもらえて よかったです。今度は、秋に 鍋 しましょう。
一歩二歩山歩
2019年05月21日 22:32
YDさん、ごちそうさまでした。
鍋楽しみですけど、秋といえばマツタケ?楽しみにしてますよ(笑)
でも、秋はずいぶん先なので、それまでにも何かお楽しみ登山しましょうね。

この記事へのトラックバック