京都の花見(醍醐寺・上賀茂神社・植物園)4月7日(日)晴

このところ毎年、長女と出かけている京都の花見。
先週はまだ開花していなくて、来週だと遅いかも。
天気予報に不安はあったけれど、行っちゃえ~
画像


どこへ行こうかな?
最初は嵯峨野へと思いましたが、気が変わって醍醐寺へ。
数年前に訪れた醍醐寺の桜は本当に素晴らしかったので、今回ネットでは見頃というのを信じてリピートしました。

府立植物園へ車を止めて地下鉄利用にしました。

9時開園の植物園。
駐車場は9時少し前にオープンのはずですが、8:37に到着したので車列に並びました。
前が見えないので何台くらい待っているのかわかりません。
10分ほど待って、動き始めたら、前に20~30台いたみたいです。
無事駐車できましたが、後続はまだ30台くらいいました。
皆、駐車場に入れたのかな?

9時の開園を待って植物園に入ると
画像

画像

画像

画像

お花が素晴らしくて、大勢の人が訪れるのがわかります。
「もう、ここで十分。どこも行かなくていいわ。」
というと、娘が
「お寺に行く!」
仕方なしに地下鉄で醍醐寺へ。

醍醐で下りて地上に出ると、「醍醐寺おそるべし!」駅と醍醐寺だけを結ぶシャトルバス(有料)が5分毎に出ているではありませんか。
歩いても15分と言うことですが、道迷いの心配もなく 疲れないですむバスに乗りました。

醍醐寺
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
画像

画像

2~3日遅かったかもしれませんが、素晴らしかったです。
こんなに素晴らしい醍醐寺でしたが、昨年の台風の被害は甚大で、100mくらいに渡って、幕が張られて目隠しされていました。
メインの枝垂桜が貧弱だったのは、ひょっとしたら台風のせいだったかもしれませんね。

画像

ほとんど更地になっていましたが、今後どうするのでしょう?
建物の被害がほとんどなかったらしいのが幸いでしたけれど。

毘沙門堂の桜も素晴らしいとかで、行ってみようと思っていたのですが、歩く距離も長いし、
醍醐寺と植物園の桜で十分と、植物園へ戻ります。
お弁当を買って、植物園のベンチでランチ

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

温室はベコニアの特別展をしていて
他にも珍しいものがいっぱい
画像

画像

画像

画像

画像

画像

温室外でも
画像

画像

そこそこ植物園を堪能しました。
昨年は台風の影響で倒木だらけ、立ち入り禁止区域も多かったのですが、見事に回復しました。


次は 上賀茂神社へ
画像

ここは
斎王桜と御所桜が有名で、でも同時に咲くことはないとか。

斎王桜
画像

画像

画像

この桜も台風の影響で2割程度小さくなったらしい。


御所桜
画像

画像

画像


他にも
風流桜
画像


みあれ桜
画像


神馬がいます。
画像

若そうな白馬はナイスです。
娘も大喜び。
お疲れ様ですね。
日曜祭日に出社されているそうです。

おみくじも馬型に結ばれてます。
画像


画像


画像


画像

画像


画像

画像


画像


さて、2時半。
帰ろうか、もう1ケ所寄ろうか迷います。
ナビをセットしたのですが、ちょっと曇ってきたのと、情報ではまだ桜が咲いていないとのことで、1番気になっていたお寺でしたが、またの機会にして、帰ることにしました。
どこのお寺かは来年行くまで内緒です。


時間が早いせいか、スムーズに走れます。
161号線を走っていると
「海津大崎さくらはこちらへ」という看板がずっと現れるので、まだ時間もあるし、寄ってみようかという気になって

ずいぶん前に船上から眺めた覚えはありますが、陸上ではどうなのかなと、看板に従って走っていると
「観光船乗り場駐車場」という案内ばかりになって
ものすごい数の人がぞろぞろ歩いていて
え~どうなってるの?
と、そのまま進むと警備員さんがいたので聞いたところ
「たった今 交通規制が解除されたのでそのまま走っていいですよ」
と言われ、ラッキーと走ったけれど、止まることもできず、ずっと進むしかなくて、家からどんどん離れて行く感じ。
画像

画像


まぁ、きれいだったから良しとしましょう。

結局、買い物して家にたどり着いたのは7時近かった。

行も帰りも、道中ずっと桜にあふれていて、予報は良くなかったのに1日中晴れていて、気持ちの良い1日でした。
いつものごとく高速には乗らなかったので、320km ガソリン代と電車賃で3000円以下で1日楽しく遊べました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック