銀杏峰~部子山 2月18日(月)曇→晴

念願の銀杏峰~部子山
画像


今日こそ晴予報!
ということで、早朝から出かけました。
が・・・

登山口 6:33
前山  8:26
画像



「晴れてこないね」なんて言いながら歩き続けていたのですが、
山頂近くでホワイトアウト 9:20
コースも外れて
画像


たぶん右奥が山頂なんだろうけど、全く見えない。
風が強いので、踏み跡が消されないうちに、少し戻ろうと樹林帯まで戻ることにしました。
こんな景色
これもシュカブラ?エビの尻尾?
画像

画像


後ろから登ってこられた滋賀県の単独男性も一緒に戻りました。
画像

ここまで戻って、今日はあきらめようか、待って再チャレンジしようかと迷いながら。

なんてことでしょう。
髪の毛に霧氷が
(白髪じゃないですよ)
画像

画像


実は私は前日に障害者のスキーの会があって、長女と、孫Aを連れて行ったので、体力的に無理かな、今日はあきらめてもいいかなと内心思ってました。
(私が部子山へ行きたい!と言って MZさんに無理にお願いした山行なのにですけど)

少し太陽が見えてきた? 9:48
画像


景色も少し見えてきて 10:00
画像


青空も
画像


よし、行こう!と歩き始めたら山頂が見えてきました。 10:04
画像


ここからは銀杏峰の景色に見惚れます。
画像

画像

画像

画像

銀杏峰到着 10:15
画像


滋賀の男性に写してもらって
画像


「青空だね。
あきらめなくて良かったね。」

「この調子なら12時までには部子山着くから」
と、次なる目的地に向かって歩き始めます。

(やっぱり行くのか!私はここまででもいいんだけど・・・)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


とても気持ちの良い展望が広がっているのですが、
本当に歩けるのかな?
言い出しっぺの私なのに足が重い。
昨日スキーなんかに行ったから・・・
と言い訳ばかり頭に浮かべて歩き続けます。
これだけ晴れてきて展望も良ければ、途中で挫折して分かれても心配いらないよね。
でも、私が行かない!と言うと、一緒に残ると言われても申し訳ないし・・・
帰るだけの体力は残しておかないといけないし。
もう、頭の中はマイナー思考でいっぱい。
部子山の上りの手前までは行けるかな。
少し登り始めると、もうちょっとくらいは行けそうかな?が、
ここまで来たら行かないともったいに変わって。
皆をずいぶん待たせて、ついに登頂 11:51
画像


やった~登れた
(でも、戻られるかな?)

先ほどの男性に再度写真をお願いして
画像


風が強くて寒いので、早々に下山

下り始めたら登ってきた単独女性はkozakuraさん。
初めましてです。
でも、よっさんからお名前はうかがっていたので初めての気がしません。
GPSは新しく買いなおされたとのこと。
女子だけで記念撮影。
画像


樹林帯でようやくランチ休憩 12:23~12:48
お先に歩き始めましたが、一瞬で追いつかれました。
緩い登りでも足が出なくて、皆が2歩のところ3歩で歩いてます。

極楽平までたどり着いてようやく一安心
画像


何してる?
画像

画像


モンスターから覗いての記念撮影中でした。

銀杏峰は巻いて 13:57
画像


画像

画像


部子山を振り返って
画像


青空で、白山を遠望しながら
画像


しょぼい霧氷だけれど、青空背景に1枚
画像


アップダウンを繰り返しすぎて、前山の上りが一瞬に思えて 14:31

最後にもう一度白山
画像


もうすぐ登山口というところで、またまたルート間違い
それも、昨年と全く同じ所でやっちゃってタイムロス(10分くらい?)

無事下山 15:30

朝のホワイトアウトの時はどうなるかと思ったけれど、その後は青空が広がって展望も良く、気持ちの良い1日になりました。
30分ほど後に歩き始めていれば何も問題も無かったのでしょうが、無事終わってみればとても良い経験になりました。

綿向山の霧氷も最高だったけれど、銀杏峰のエビの尻尾やモンスターもすごい!
青空と、展望と、広がる雪原、素晴らしい1日でした。

リーダーのMZさん、本当にありがとうございました。
絶好調の時でも、部子山まで行くのは難しいと思ってましたが、今回奇跡的に行くことができて感謝です。

2週間前に部子山へ行ったにもかかわらず、青空の下で山歩きしたいと前夜 急に参加を決めたMuさん、青空になって良かったね。

お付き合いしてくださった、うさぎさん、いわっちさんご夫妻、SIさん、いっぱい待たせてしまってごめんなさい。
懲りずにまたお付き合いくださいね。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年02月20日 12:26
お疲れさまでした。
ホワイトアウトから一変して青空が広がり良かったですね。それにしても素晴らしい自然の造形を写真で楽しませてもらいました。すごい所ですね。
部子山への縦走も完結できてもう最高だったのではと
道理でホノケからは部子山だけが輝いたのもわかりました。
一歩二歩山歩
2019年02月20日 13:49
つかさん、こんにちは。
やはり、青空は最高ですね。
風景が映えます。
もう、部子山まで行くことはないかもしれませんが、銀杏峰へ行ったら、もう少しだけ足を伸ばして、極楽平を歩いてみると良いと思いました。
2019年02月20日 15:55
 青空が見えて来て銀杏峰へ行くまでの
自然の造形、そして<何してる?>
のスナップ写真、広々した雪原の数々
どれもこれも素敵です
心に残る冬山登山になりましたね
一歩二歩山歩
2019年02月20日 17:39
ごもっ友さん、こんにちは。
不安を抱えてのスタートと、ホワイトアウトの試練でしたが、終わり良ければ全て良しというか、試練があった分 喜びも倍増で、本当に思い出深い1日になりました。
同行のメンバーには感謝感謝です。

この記事へのトラックバック