部子山 7月20日(金)晴

短い時間でぱっぱと行けて暑くない高い山はないかな?と言ったら、「部子山へ行こう」と誘われて、初めての部子山に行ってきました。
画像

登山口まで車で行くと、あっという間に山頂だから、手前3kmくらいに止めて林道を歩きました。
(この林道を歩くのが大事なのです。)

シモツケソウが咲いているのでは?と出かけたのですが、全体的にはまだ少し早くて、アザミがすごいことになっていました。
画像

林道から少し上に上がってみたら一面お花畑
画像

画像

アザミとコラボっている黄色い花は何でしょう?
ブタナ?
花は二流?でも、一面黄色と紫が咲き乱れて素敵です。
画像

クガイソウや白花のオオバギボウシも少し参加しています。
画像

画像

画像

画像

アザミのお花畑は初めての風景で興奮して撮影
画像

ヒカゲノカズラも日向なのにすごい繁殖
画像

林道に戻って
画像

画像


避難小屋の中は
画像

神殿に代わっていました。
画像


というのも
画像

画像

元の神殿?は無残な姿に

さて、林道終点
画像

ここから山頂まで徒歩10分って書いてあるけど・・・
絶対無理そう。
(トレールランナーなら行けるね。)
お花を見ながらゆっくり歩きます。


イブキトラノオ
画像

ツリガネニンジン
画像

タテヤマウツボグサ
画像

マルバダケブキ
画像

画像

ハクサンタイゲキ?
色がちょっと見慣れてないけど
画像

画像

アオヤギソウ
画像

アクシバに
画像

クロヅル
画像

ようやく山頂
初登頂です。
22分かかりました。
画像

画像

山並みは全体に霞んでいます。
下山は10分でした。
画像

避難小屋の前のテラス?でランチ
涼しい風が吹いて、下界に下りるのが嫌になりそう!
清水さんは現れず(例のごとくメール見ていないんだろうなぁ)
つかさんと2人です。

またぶらぶらと歩いて
白いアザミ
画像

画像


アサギマダラも写せました。
画像


展望デッキ(入れません)
画像

このケルンはこうちゃんの作品かな?
画像


出会ったのは2台の車(1台は池田町の車)だけで、歩いたのは私たちだけ。
家から車で2時間、
山上に3時間
お花畑の避暑地でした。

つかさん、どうもありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年07月21日 13:38
初めての部子山、いかがでしたかな。
シモツケソウやツリガネニンジンなど期待した花が見られて良かったと思っています。
あのアザミの群落はすごかったですね。
一歩二歩山歩
2018年07月21日 14:27
つかさん、連れて行っていただいて、ありがとうございました。
シモツケソウが咲いていて高原の雰囲気でしたね。
でも、何といってもアザミのお花畑は良かったです。
紫色と黄色が広がって、素敵でした。
また、来年もと思っちゃいました。
また、よろしくお願いします。
2018年07月21日 21:31
 部子山の林道歩きをした事が
無かったのですが
原っぱを占めているアザミ!
白花もあるのですね
風もあって快適に過ごせましたね
一歩二歩山歩
2018年07月21日 22:25
ごもっ友さん、こんばんは。
私は初めてなので、つかさんにお任せだったのですが、林道沿いにシモツケソウ他がずっと咲いていて、林道から横に上ると稜線かと思いきや広場?でお花畑が広がっていました。
ブタナが風にふわふわと揺れてさわやかな感じで、こんなどこにでもあるようなお花達ですけど、一面埋め尽くされて素敵でした。
ちょっと踏んでるかもと言いながらお花畑の真ん中に入っても怒られないのもいいです。なにせアザミなので、座ったり寝転がったりはできませんけど(笑)
白花は珍しいみたいですね。
清水
2018年07月21日 22:40
例のごとくでゴメンナサイ(^-^;
部子山は私のホームグランドでした
4~50回登っていると思います
私が登っていたころは頂上より少し下に
朽ちた鳥居と社跡の石積みがあるだけでした
社跡から約30分のヤブコギで
頂上に立つことが出来ました
花といえばササユリぐらいしかなかったのですが
そのどっしりとした山容が大好きでした
林道が出来て牛の放牧場になってから
植生が劇的に変化してしまい
私にとっては魅力が半減してしまいました
キツネやタヌキに最初に出会ったのが部子山で
2mぐらいの大きな青大将に
出会ってビビったのもこの山です
さらに下山途中に足をくじいて往生したこともあります
いずれも林道が出来る前の話ですが
思い出の尽きない山です

一歩二歩山歩
2018年07月21日 23:17
清水さん、こんばんは。
一応、清水さんの分もソーメン持って行ったんですよ。

私にとっては初めての山でしたが、清水さんにとっては思い出深い山だったのですね。
今はササユリの名残もありませんでした。

この記事へのトラックバック