簗谷山 4月28日(土)晴

明新山歩会の下見で熊が居そうな(クマガイソウの)簗谷山へ行ってきました。
画像

23日に1つ2つ咲き始めたらしいので、少しは咲いているといいなと、さほど期待していなかったのですが、満開でした。


飛騨金山の森キャンプ場からの道路は舗装はしてありますが、狭くて悪路です(約15分)
土曜日なので車が止められるか心配でしたが、2台分のスペースが残っていました。
後から3台付いてきていたのでラッキーだったです。
登山口にトイレはありますが、緊急時以外は使いたくない感じです。
(キャンプ場にはきれいなトイレがありました。)

後続の愛知県からのグループが何度か登られているみたいだったので、準備しながら情報収集。
駐車場にはタニギキョウがたくさんさいています。
駐車場が即、登山口 9:30
歩き始めて2分後に分岐
画像

見たいものは先にと南尾根ルートを選びます。
分岐から10分後に
画像

すごい。
一斉に咲いています。
登山道の真横の斜面なので見逃す心配はありません。
ざっと数えてみたら200本くらい。
皆、同じ方向を見ています。
日当たりも何もが同じ条件なので、一斉に開いて、一斉に散ってしまう感じです。
画像

不思議な形
好みの花ではないですが、絶滅危惧種なので尊重

アツモリソウとは色違いと言いますが、
下の写真と比べると(2016年に釈迦岳で見たアツモリソウ)
かなり違いがありますね。
画像



先ほどのグループがやってきたので、場所を譲ってお先に
画像


シロヤシオも咲いています。
画像

御嶽山もクッキリ
画像


「小鹿の涙」という滝です。
画像


アカヤシオかと期待したけれどミツバツツジみたいです。
画像

ヤマシャクヤクが咲き始め
画像

画像

ハルリンドウ
画像

画像


一度抜かれた愛知のグループの人達と一緒に滝で休憩
モグモグタイムして、写真も写してもらって
なかなか健脚のグループで、というか、私たちは立ち止まってばかりで、その後お会いすることはありませんでした。

シロヤシオが素晴らしいです。
画像

画像

こちらはオオカメノキ
画像

この展望台は不明です。
何も無かったと思います。
画像

この木の関係は?
画像

立派なミツバツツジ
画像

岳実岩分岐
画像

行ってみます。
でも、どこまで下るの?と不安になり、
先頭のIさんに様子見てきてもらおうか?と言いながらも歩き続けて
4分後に到着 11:30
絶景ポイントです。
画像

画像

画像

岩は垂直に切り落ちているので、先端には這って覗きました。
誰もいなくてこの巨岩の上でランチタイム
その後、別なグループがやってきましたが・・・
画像


岳実岩から7分後 山頂へ
見えない望遠鏡
画像


見える山々はさほど変わりませんが、開放感は岳実岩が勝ります。
画像


下山します。12:28
ひたすら下る、なかなか厳しい(危険はない)登山道です。
水場の所にはヤマシャクヤクがたくさん
画像

画像

おしべが白い
画像


タニギキョウもたくさん
画像


無事下山 13:43

お花に見とれて写真を撮りまくりのゆっくり登山でした。
簗谷山を満喫しました。

クマガイソウ、ヤマシャクヤク、シロヤシオ等、魅力的なお花の宝庫ですが、不思議な事に、普通の山で見る普通の花はほとんどありませんでした。


今回ブログアップを故意に遅らせました。

下見の登山が展望も最高で、予想以上に満開のお花に巡り会い、本番の7日には全て咲き終わってしまっている感があったからです。
7日は天気予報も良くないので、会の簗谷山登山は来年に持ち越すことに決定しました。
はるばる行ってみたら、なぁんだということになりそうだったので、ほっとしました。
来年は今回のように、素晴らしい日に巡り会いたいです。


団体での山選びは難しいです。
代わりの山をこれから検討します。
良いアイデアがありましたらお教えください。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年05月05日 17:59
 遠路の山となると「皆さんに喜んで
もらいたい」があって判断するにも
大変なんだろうと
楽しみは先送りですね
お疲れ様でした
一歩二歩山歩
2018年05月05日 20:45
ごもっ友さん、こんばんは。
昨年は籾糠山だったのですが、これも下見の時が素晴らしくて本番が心配だったのですが、下見以上に晴天に恵まれて、お花も咲き誇って一安心したものです。
心が疲れます。

この記事へのトラックバック