岩籠山 5月1日(火)晴

4人の日程が合ったので、山歩きしながら、今後の相談をすることにしました。
山は?
なんと、会長、副会長が今まで行ったことの無いということで岩籠山に決めました。
画像


私とMuさんは4年前の夏に、ナツエビネやイワタバコ、ホトトギスを見に行ってます。
すっかり、コースも忘れてますけど。

前回は登山靴で行って濡れずに帰ってきたのですが、
この時期は水量も多そうで
「転んだ時のために着替えを持っていきましょう」
と言ったら、私も含めて3人は長靴でした。

駐車場には仮設のトイレが4つもあります。
遠足にでも来るのでしょうか。

画像


歩き始めは林道です。9:34
ミツバツツジがお出迎え
画像


新緑のトンネルでいい気持ち
秋には紅葉がきれいかも
画像


登山口 9:46
画像


すぐに渡渉が始まります。
画像


画像


画像


画像


3つ目くらいで、先行のグループを抜かせてもらいました。
なにせ、私達は長靴なので、浅い所は躊躇わずにザブザブ渡れますから。

こんなんだったかな?と思うほど渡ります。
その度に写真を撮っていたのですが、だんだん嫌になってきて
たぶん15~18回くらい渡渉しました。

飛び石の上をピョンピョンというわけにもいかず、転ばないように注意が必要です。
トレランシューズのMuさんは、足が濡れました。

道がわかりにくく、そのまま歩くのか、渡渉するのか・・・
目印の赤いリボンもほとんどありません。
渡渉する場所もなるべく安全で濡れない所を選ぶのに時間がかかります。

花はというと、前半はイカリソウばかりです。
画像


後半はキスミレが多いです。
画像


ミヤマカタバミがとことどころ顔を出している この丸い葉っぱが辺り一面ぎっしり生えています。
何でしょう?
画像


さて、流れが無くなると急登の始まりです。
少し休憩して登ります。11:00頃?

イワウチワが数株咲いていました。
画像


最初は長靴で正解だったのですが、急登は辛い。
ヘロヘロです。
ようやく分岐 11:23
画像


ここで元気な2人に夕暮山まで遠征してもらって、会長と2人のんびり頂上を目指すことにしました。

あれっ、登山道は?
上りではなく、下りです。
リボンはありません。
(夕暮山に行った2人は、登って、道なき道を歩いて合流でした。)

イワカガミは蕾でした。
画像


案内の無い分岐を登って、山頂です。11:53
画像


画像

画像

画像

画像


分岐を登ってくるか心配でしたが、2人が登ってきて合流。
記念撮影をして、インディアン平原に向かいます。12:02
気持ち良いですね。
画像

画像

画像

インディアン平原 12:10
画像


風が強いので、食事場所を探して戻ります。
結局、風のない広い登山道でランチでした。

下山開始 13:10
途中で鳥が飛んできたので、何気なく写して、家に帰って見たら青い鳥
オオルリでしょうか?
画像


途中ですれ違った若者2人組の1人は素足にスリッパでした。
「後どれくらいですか?」
と尋ねられたから初めての山だったのかも。
スリッパにしても、長靴にしても、渡渉には便利ですが、登山道にはなかなjかですね。

濡れずに無事下山
駐車場 14:55

疲れたけど、楽しかった~
2年ほど前に遠足の中学生が迷子になった記憶がありますが、確かに迷いそうな所が数ヶ所ありました。
今度行くことがあったら、赤いテープを持って行こうかと思ったほどです。

前回ナツエビネを見たのは中州だったとと思うのですが、中州なんて全くありませんでした。
「嶺南は豪雨で地形が変わったのでは?」
と言われて、そうなのかと思いました。

Wさん、Maさん、Muさんと4人でした。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年05月05日 11:00
市橋コースでしたか。ここは私もドボンしたことがあるので体幹がぶれている者には苦手ですね。
昨年ナツエビネを見ようと出かけましたが見つけられませんでした。
丸い葉はたぶん名前は?ですがイチゴだと思います。
夏に実が多くありました。
この時期は駄口コースも良いと思います。

青い鳥、綺麗ですね。
一歩二歩山歩
2017年05月05日 11:32
つかさん、こんにちは。
沢沿いで気持ち良いかな?お花もあるかな?と思って市橋コースを選びましたが、駄口コースはブナ林がさわやかなのでしょうか?

丸い葉はそれこそ何十畳も続いていました。
食べられるなら魅力的ですが・・・

鳥も飛んでいるときは逆光なので黒くしか見えませんでしたが、綺麗な鳥ですね。幸運を運んでくれるでしょうか。
2017年05月06日 09:20
市橋コースは
草花の時期が良いと思うのですが
その頃は水嵩が増したり
蒸し暑い日があったりです
良い日に行かれましたね

僕も伊吹山でオオルリを撮ったのですが
森の暗さに負けてしまいました
山歩は綺麗に写されましたね(^^)v
一歩二歩山歩
2017年05月06日 12:42
ごもっ友さん、こんにちは。
オオルリは本当に偶然で、鳥の色も見えませんでした。
飛んできて止まったので、写して、家に帰って写真を拡大して見て驚きました。
ラッキーでした。
鳥の観察は難しいですね。

この記事へのトラックバック