鬼ケ岳 1月18日(水)晴

「晴れそうなので、どこか行かない?」
と、メールしたのが前日19時過ぎ。
9時頃出発で鬼ケ岳でも(決定ではない)ということで、行くことだけ決める。

画像


早寝のSもまさかまだ寝ていないだろうと思うのに返信なくて、
「行きます」
と返信が来たのは深夜0時過ぎ
どうした?

結局5人で鬼ケ岳に向かいました。
人気の鬼ケ岳。
駐車場は満車状態。

登山開始 10:08
最初はこんな感じ
画像


小鬼を過ぎた辺りで、NENEさんのお友達?のワタランちゃんに出会い、立ち話。
文殊山で何度かお会いしてますが、これから文殊山に行かれるそうです。
たいがい2座登られるみたいですね。
なんと執筆活動もされているとか・・・
近松文学賞(2015年)の作品ネットで見つけたので、後で読ませていただきます。

その次につかさん登場
画像

時間が合わせられなくて、今日はすれ違いだけです。

大鬼展望台
画像


このくらい雪があると、転んでも汚れず、痛くないのでいいですね。
(転ばなかったですけど)
画像


白山のてっぺんには残念ながら薄くガスがかかっていますが、きれいですね。
しばし眺めていました。
画像


下山されてきた方が
「今日は1年に1日あるかないかのいい日や。
青葉山も丹後半島も見えるから、早く行って見てきなさい。」
と言われたので、急ぐことにしました。
登頂 11:12
まっすぐ展望台に行きます。

画像

画像


見渡していると、周回路の方からスノーシューで登られてきた単独男性
なんとお茶のUさんです。

この出会いが、後で幸運を呼びます。

Uさんを強引にお誘いして、小屋でランチ
外の方が暖かくて気持ち良いのですが、残念ながら場所がありません。

画像

今日はおでんでした。
最後はUさんからお抹茶をごちそうになりました。

食後は恒例の記念撮影
雪があって思うようにいきません。
雪で歩くのも大変なので、人に頼まずに、タイマーで写していたのですが、
走ってカメラを落っことしたり、よたよた走る間にシャッターがおりてしまったりしていたら、見かねた方が写してくださいました。
画像


ここでUさんとお別れ。
私達も下山します。12:36

いつものように、Maさん、Muさんは飛ぶように下りて行って、残り3人はよたよたと下ります。
画像


下山完了 13:12
あれっ?
何してる?
画像


車が動かなくなって、4人で押しましたが動きません。
タイヤの下の雪が解けて、亀の子状態になってしまってます。

ここで救世主となったのがUさん。
画像


車をワイヤーでつないで引っ張ってくださいました。
まさに、神様仏様
無事に帰ることができました。
Uさん本当にありがとうございました。

帰り道に
画像

画像


山頂よりも道路からの方が良く見えるというのは複雑ですが・・・

予想以上の晴天に恵まれて、楽しい1日(半日?)でした。
会長と、3人のM田さんと、5人の山行でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

つか
2017年01月19日 11:35
私も今アップしました。
ここは展望が良いので雪のこの時期が一番いいですね。
小屋もありますしね。
あの方が小説家とはびっくりです。
おまけにUさんまでお出ましとは。
車よかったですね。小さいとはいえ、やはり四駆は強いです。Uさん、車替えた?
一歩二歩山歩
2017年01月19日 12:23
つかさん、こんにちは。
お疲れ様でした。
本当に冬の鬼はいいですね。
凍っていると怖いですけど、私の時間では大丈夫でした。
霧氷と道の凍結とがセットというのが哀しいですけど、霧氷が見られるとより良いですね。
Uさんの車はつかさんの車の隣に止まっていましたが、以前の車というのを知らないのでごめんなさい。
2017年01月19日 16:49
鬼ケ岳からも丹後半島まで見られたのですね
野坂岳からも
同じ景色が眺められましたよ~♪
大勢登られるだけあって駐車場では…
こんな時にも一歩二歩山歩さんには
福の神がやはり(^_-)-☆
一歩二歩山歩
2017年01月19日 21:25
ごもっ友さん、こんばんは。
どこの山に行こうか迷いましたが、時間もあまりなくて鬼を選んだのが正解でした。
見晴らしが良くて、どこの山からも眺めが良かったのですね。

小さな運でなく、もっと大きな運(宝くじとか)をゲットしたいですけど・・・

この記事へのトラックバック