鳴谷山 5月19日(木)晴

ずっとあこがれ続けた鳴谷山に初挑戦です。
画像


鳴谷山は四駆じゃないと行けないとか、いろいろ聞いていて、自分の車ならともかく、乗せて行ってもらった車がトラブッたら大変と実行できずにいました。

そこで、四駆のオーナーであるOさん(いつも単独登山)に「鳴谷山に連れて行ってね。」と言い続けて○年。
今年は春から皆で猛アタックで夢がかないました。

登山口 8:47
ドロドロの山道でスパッツが必要と言われ、長靴にしようかとずいぶん悩みましたが、一番脚力のない私が足を引っ張ってはいけないと登山靴にスパッツで出発。
あれっ、スパッツ必要と言ったOさんがスパッツつけてないよ。
「ああ、僕はいいの。汚れても。」
私だって汚れてもいいんです。
スパッツ付けるだけで暑くて消耗するんだから。
でも、もう付けちゃったし、そのままで進んでみましょう。

谷川に沿って歩くので、何度か滑る丸太の橋を渡ります。
画像


チゴユリが大群生で満開です。
画像


あっ、オクテのシャクナゲ
画像

ひとつでも咲いていると嬉しいものです。
が、ところどころに咲いていてかなり嬉しかったです。
これはちょっと色が濃いね。
画像


この山は巨大杉も多いけど、根っこが地上に現れているのも多いね。
土が流れてスカスカです。
画像


ここが鎧壁ですか。9:42
怖いと思っていたけれど、雪の無い今は大丈夫。
画像


エンレイソウ
画像


まだ残っていてくれたミズバショウ

画像


リュウキンカの大群生がすごい。
ミズバショウとのコラボがもう少し前だったらどんなに素晴らしかったことでしょう。
画像


サンカヨウもわずかに咲いていて、ユキザサは蕾
画像


巨大な杉がいっぱいあって、サンカンスギってこれかな?
画像


ムラサキヤシオ
画像


あっ、これはツバメオモトでは?
初めましてです。
画像

画像


ハウチワカエデ
画像


ムシカリ?
画像


ミツバノバイカオウレン
画像


小さい花が出てきてしゃがみこんだら、タケシマラン発見。
つかさんの情報ではそこらじゅうにあるらしいのに、ようやくこれが最初の1本です。
登り始めて2時間経っていて、頂上も、もうそんなに遠くないだろうから、皆に先に行ってもらって、少し花を探してみることにしました。
画像

タケシマランも初めてのお花です。
次々に現れました。
どうも写真にはうまく写ってくれません。

ショウジョウバカマは紫が濃いですね。
画像


かわいいミズバショウ
画像

下の方はお化けみたいに大きくなった葉っぱばかりだったので、この小ささがいいです。

イワウチワも
画像


上から降りてきた男性に、
「あとどのくらいですか?」
「30分くらいですかね。」
もうすぐだと思っていたので、30分もと聞いたらがっくりきてしまって、足が進まなくなってしまいました。

気持ちが切れてしまって、必要以上にしゃがんで写真を写たり・・・


タムシバもまだきれい
画像


画像


画像


イワナシ
画像


コイワカガミ
画像


皆とっくに着いているだろうなぁ。
気を取り直して歩いたら見晴らしが開けて
画像

曲がったとたん、白山がバーンと
画像


思わず写真を写したけれど、頂上ついたらもっと見えるはず、こんなことしている場合じゃないなと足を進めたら声が聞こえてきて、待ちくたびれた面々が
はなきちさんはカメラを構えて、遅れた私は写されてしまいました。
周回遅れのランナーがゴールする感じでした。 11:22

ここでお花の情報交換です。
私はつかさんからの情報提供
「つかさん、イチヨウラン見てないね。」
「フデリンドウもあったんだ。」

「ツバメオモト1本咲いていたね。」
と言ったら、
「10本くらいあったよ。」
「マイヅルソウの群落の中」
そこら中マイヅルソウの群落ばかりだから、ちっともわからず、下山中もかなり目を凝らして探したつもりだったけれど探せず、結局1本きりでした。

イチヨウラン(一葉蘭)は気がつくように、先に下山するはなきちさんが目印を置いて行ってくださることになりました。
おかげでお目にかかれました。
ありがとうございました。
個性的な花ですね。
画像

画像


たぶん1本だけ咲きかけのマイヅルソウ
画像


ツクバネソウ
画像


ツルシキミ
画像


せっかくなので、頂上で皆で記念撮影
画像


はなきちさん達を見送って、ランチを食べて
あら、空模様が変
画像


そろそろ退散しましょう。12:30

イチヨウラン探しはしっかりしましたが、皆ペースが速くて、フデリンドウはあきらめました。
鎧壁までは一緒に歩いてくれていましたが、その後は影も形も見えなくなって、声が聞こえたと思ったらはなきちさん達でした。
下山完了 14:20

ミズバショウはちょっと遅かったですが、その代わりにイチヨウランやツバメオモトが見られてとてもハッピーでした。

最盛期にはミズバショウの間をずっと歩く感じになるのでしょう。
ミズバショウとリュウキンカのコラボも見たいので、来年はその時期に来てみたいです。

お花がいっぱいで、素敵な山でした。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年05月22日 10:53
 今咲くチゴユリやイワウチワ、オウレン
などの草花の様子を見て
やはり奥深い山なのだと改めて思いました
ミズバショウの咲く頃に行ったのは
ずいぶん前になり
三年前の秋にいったきりとなりました
山歩さんのブログを拝見して
また行ってみようかと♪思ったり
敦賀からですとこれがちょっと遠いんです
2016年05月22日 11:25
念願かなっての鳴谷山おめでとうございます。
ツバメオモトも開花していてよかったですね
私も下りでも一生懸命探したのですがダメでした。
イチヨウランなどそんな花があることすら知りませんでした。なんとなくシュンランに似ていますね。
どっか~んの白山も見られてよかったですね。
もう一度行きたいですか?あのヌルヌル地獄(笑)

一歩二歩山歩
2016年05月22日 22:46
ごもっ友さん、こんばんは。
初めての鳴谷山でしたが、お花がいっぱいで大好きな山になりました。
でも、やはり、敦賀からは遠いですね。
近くにもっと良い山もあることでしょう。
一度しか行ってないのですが、ミズバショウの中を延々と歩き続けるのが、この山の醍醐味ではないでしょうか。
私達も1~2週間遅かったと思います。
一歩二歩山歩
2016年05月22日 22:56
つかさん、こんばんは。
ツバメオモト、タケシマラン、イチヨウランとお初尽しで楽しかったです。
つかさんとは1日違いでしたが、ヌルヌルは少なくなっていたと思います。
駐車場でほぼ同時に歩き始めた人は長靴で「ここは長靴がいいですよ。」とおっしゃっていました。
もう少し距離が短ければ迷わず長靴にするのですけど。
清水
2016年05月24日 22:03
いろんな花が見れて良かったですね
登った山のバリエーションでは
もう私を超えているかもしれませんね(笑)
フデリンドウは越知山に二か所
群生場所が有りますよ
一歩二歩山歩
2016年05月24日 22:55
清水さん、こんばんは。
とても良い山でした。
体力があれば長靴で歩くのがぴったりです。
越知山も行きたいのですが、明新山歩会のトレーニング登山が入ってきて、自分の山行がむずかしくなってます。
またよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック