雪の取立山2回目 3月4日(金)快晴

前回は曇っていたので、晴れたらもう一度と、晴予報のこの日に出かけました。
画像

前回は白山が見えれば別山が隠れ、と、あちらが見えればこちらがという状態でしたが、今回は願いが通じてピーカンです。

朝8時に家を出て、途中休憩でバッタリはなきちさんに遭遇。
はなきちさんご夫婦と中ちゃんです。
駐車場でほぼ同時に登山開始。
(隣の車はよっさんでした。)

迷いに迷って、2人は登山靴にスパッツ、2人はスパイク長靴。
ワカンは持って行きます。


歩き始め9:23
画像


私達が先行しましたが、道を間違えて?引き返しで、はなきちさん達が先行です。
画像

日が射して暑くなってきて、1枚脱いだりしていたら、はなきちさん達が見えなくなってしまいました。

トレースは所々で2つに分かれています。
その度に
「どっちにする?」
「はなきちさん達どっち行ったのかな?」

ショートカットにしようと左を選んで歩き始めたのは良いのですが、本道と合流しません。
あれっ、おかしいな?
けっこうきびしい直登で登り続けています。
赤いテープも時々ありますが、1時間以上歩いているのに、夏の駐車場も出てきません。
不安がよぎります。

画像


山頂目指しているとは思いますが、過去の記憶には全くないルートです。
そこまで登れば合流するかもと、期待して登っては裏切られます。
画像


後ろを振り返ると絶景が心を癒してくれます。
画像


1時間以上誰とも会っていません。
時々不安に襲われて
「引き返した方が良くない?」
「ここまで来たら、このまま行こうよ!違う山に着いたらそこで宴会して戻ればいいよ。」

なんとなく見覚えのある景色でほっ。
でも、一尾根違うかも・・・
画像


山頂が近付いてきた感じ
景色もいい感じになってきました。
画像


いつ本道に合流したのかな?
ここまで来るともう間違いないわ。11:13
良かった~
画像


白山がチラッと望めました。
画像


本当に誰にも会わないなぁと思ったら、頂上直前で、ケロヨンさん達が下りてきました。
私達より2時間先行でした。
しばらく立ち話。
何人かは護摩堂山に向って行って、頂上には1人しか残ってないよとのこと。

後ろを見ると人影が3人。
はなきちさん達かな?
直登した分、私達が早くなったみたい。

登頂万歳!11:47
画像


白山も素晴らしい
画像


残念なことに よっさんは立ち去った後でした。

下山していった最後の1人が戻ってきてなにやら探してます。
携帯がないらしい。
私の携帯をお貸しして鳴らして見たら、リュックの中でブルブルと震えていて、
「ああ、良かった。」
よくあることですね。

さあ、お楽しみのランチタイム。
今日は快晴で寒くありません。
今日のメインはクリームシチューだったのですが、Maさんがお肉を持ってきたので、急きょフライパン登場。
画像

画像

うどんに、おにぎりに、フルーツに、最後はコーヒーとお菓子で締めくくり。


単独の登山者3人増えましたが、私達は長丁場だったので、メインのシチューの時は皆さん店じまいの後、
はなきちさん達には無理に消費に協力していただきました。

なんだか、初めてなのに初めてではない感じの単独女性がいらして
ひょっとして
「おかんさんでは?」
「はい、そうですが・・・」
「よっさんのブログで拝見していたので・・・
よっさんの車もありましたよ。」
「よっさんに会いたいわ~」
(下山後、国道でお会いできたみたいです。)
という出会いもありました。

白山を背景にはなきちさん達の写真を撮ってあげたら、今度は私達を写してくださるというのに
「では、ここで」
と、ご飯を食べながら・・・
なんという人達でしょう。

せっかくなので白山を背景にと、無理やり皆を立たせて記念撮影。
はなさんと中ちゃんにも入っていただきました。

さあ、下山開始 13:12
私達は登ってきた道は嫌なので、別な道(はなきちさん達が登った道)で帰りますと宣言。
はなきちさん達も登ってきた道はあまり良くないとおっしゃられたけど、私達に従ってくださいました。

私達は前回登った道を勝手に想像していたのですが、歩いてみると、全然違っていました。
こちらもけっこう急坂で
あれれ、前回はほぼ夏道だったのですが、どうなっているの?
確かに厳しいわ。
画像

画像
画像


雪も腐ってきて、ガボリまくり。
ひどい時は腰までガボって、抜けられません。
「待って~」
と言っても誰も待ってくれずに、見捨てられてしまいました。

後ろのはなきちさん達も、そうとうガボっているみたいで、知らないうちに離れてしまいました。

長靴の中は、雪だらけ。
スパッツが必要でした。

今回も雪崩のロールケーキができていました。
画像


14:55 下山完了
今回は、行きも帰りもひどい道だったわ~
でも快晴で気持ち良かったです。

これから先、この雪はどうなるのでしょう?
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

清水
2016年03月05日 23:16
クリームシチュー食べたかったなあ~(笑)
天気が良くてよかったですね

周囲の山が見えて地図と磁石があれば
自分の位置は分かります
私はGPSは所持しておりません(^_^;)
ケロヨン
2016年03月06日 08:58
お疲れ様でした。
トレースはあっても覚えのないルートは心配ですね。
でも不安そうでいてどこか楽しそうですよ。
つまるところ、しっかりしたトレース以外は
自信がなかったら冒険しなことですね。

素敵なランチタイム楽しいひと時ですね。
一歩二歩山歩
2016年03月06日 09:20
清水さん、おはようございます。
お天気は最高でした。
樹氷やシュカブラは見られませんでしたが、来年の宿題ということで。
無事行って帰ってこられて良かったです。
一歩二歩山歩
2016年03月06日 09:23
ケロヨンさん、おはようございます。
お互い、不安な道中だったみたいですね。
歩き始めてすぐに、トレースに付いて行って川を渡れずに引き返したので、また、谷にでも行き当ったらと心配でした。
でも青空がはげましてくれました。
また、ご一緒できたらいいですね。
2016年03月06日 11:39
お誘いお断りしてすみませんでした。
それにしても素晴らしい展望ですね。
野見ケ岳からは霞んでいて白山もうっすらしか見えませんでした。
人気の山でいろんなトレースができてしまい良いような悪いようなですね。これでガスでもかかってきたら怖いな。
懲りずにまた誘ってください。
2016年03月06日 12:59
 好いお天気に恵まれましたね
白山連峰や道中の嶺々が青空に映えて
絶好の山日和の感じです
お昼の御馳走に白山が加わってより
美味しかったのではないでしょうか
下山は雪が緩んできたようですね
これからはくされ雪が気になります
一歩二歩山歩
2016年03月06日 15:48
つかさん、こんにちは。
雪山は経験がほとんど無いので、トレースに付いて行きましたが、前回下市山でトレースにだまされたことがあるので、要注意ですね。
皆が間違ったトレースに付いて行くと、太くて立派なトレースになってしまいますから。
気温が上がってきて、今後雪山はどうなのでしょうね?
一歩二歩山歩
2016年03月06日 15:54
ごもっ友さん、こんにちは。
今回は本当にお天気に恵まれてラッキーでした。
コースは不安でしたが、直登のおかげで、時間が短く、前回より1時間くらい早く登頂できました。
これからは十分注意して登りたいと思います。
おかん
2016年03月06日 20:29
こんばんは。
山頂で声をかけていただき、ありがとうございました。
下山後、運よくよっさんに会えました(^^)

実は、私もこの直登ルートのトレースを追っていきました。
初めてのルートで途中不安になりましたが、見覚えのある
ルートに合流したのでホッとしました。
トレースがありすぎても判断が難しいです(^_^;)

一歩二歩山歩
2016年03月06日 21:34
おかんさん、こんばんは。
ひとりでの登山、すごいです。
今回4人で歩いていても不安だったのですから、尊敬してしまいます。
また、どこかでお会いできたらいいですね。
よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック